読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生のヒント

私が経験したことが、誰かの人生のヒントになればと願い書きます。

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」の感想(ネタバレあったらすみま…)

映画 スター・ウォーズ
スポンサーリンク

f:id:TensorFlow:20161230085928j:plain

先日、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」という映画を見てきました。

ものすごく良かったので、感想を書いておきます。

ネタバレが無いように頑張りますが、ネタバレあったらすみません。

 

この映画は、「スター・ウォーズ」のエピソード4の直前の出来事に焦点を当てて描かれています。

「スター・ウォーズ」と言えば、ジェダイの騎士とシスの暗黒卿との闘いの中のライトセイバーを使った戦いだったり、フォースを使った戦いだったりが一つの見どころとなっていますが、この映画はそういった特別な能力を持たない者たちが主人公であり、そういう戦いは望めません。

であれば、私の心に響いたのは何か。

 

それは、特別な能力を持たない者たちが、日ごろ自分のやりたくない汚い仕事をさせられると言った葛藤や悩みを「一つの目的」のために、吹っ切れて立ち向かう姿に、自分を重ね合わせて見ていたからだと思います。

彼らにとっての「一つの目的」とは、「デス・スターの設計図」を敵の基地から持ち出すことです。

 

スター・ウォーズの最初の作品であるエピソード4では、「デス・スターの設計図」を持ち出したことを、さらっと言っているのですが、この映画では、特別な能力を持たない者たちが、命を落としながらも、力を合わせて戦い、持ち出すことが描かれています。

彼らは、駒ではなく、歯車という表現がふさわしいでしょう。

誰一人欠けても目的を達成できなかったでしょう。

そんな彼らの姿を見て、感動してしまいました。

 

一方、敵である帝国軍の戦い方には、会社から見捨てられる社員たちみたいなのを感じて、ひどいことしやがると思いました。

現代社会より文明が進んでいる世界が描かれていながら、現代社会となんら変わらない人の関係性には、複雑な想いがしました。

そのため、サラリーマンのお父さんは、この映画にものすごく共感できるのでは無いかなと思いました。

 

この映画の一番おすすめは、人間ドラマで、役者が演じる心境を見て欲しいのですが、宇宙空間での戦いもおすすめポイントです。

終盤の戦いに、エピソード4~6を思い出して、思わず興奮してしまいました。

 

 

この映画は、「スター・ウォーズ」を見たことが無い人も楽しめる作りになっていると思います。

しかし、前に公開されているエピソード1~7を見ておいた方が、感じ方も違ってくると思いますし、映画のラストでの感動も違ってくると思います。

 

この映画のネタバレに関する注意点としては、Wikipediaだけは見ちゃいけねえ。