読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生のヒント

私が経験したことが、誰かの人生のヒントになればと願い書きます。

盗まれた時間 × 自分の年齢 = 時間泥棒への憎しみ という方程式

スポンサーリンク

f:id:TensorFlow:20161031162415j:plain

皆さんは、時間泥棒を知ってますか?

 

私が作った造語かと思いましたが、既に先駆者によって作られておりました。

「モモ」という児童文学で出てくるみたいですが、興味ないので詳細を調べません。

このブログでは、自分の時間を無駄に奪った人のことを指します。

 

この世の中に無限のものなどありませんが、時間も同じです。

特に、自分の年齢を重ねていくと、その貴重さがだんだん増して感じてきます。

 

無駄に過ごした時間は戻らない。

ある意味自分も時間泥棒と変わらない。

けど、自業自得という言葉で騙して、諦めることは出来ます。

自分が愛する、自分を愛してくれる家族や友人もまぁ、仕方ないな~と思うことは出来ます。

 

腹が立つのは、それ以外の何も思い入れの無い人が自分の時間を奪う行為です。

若い頃は、それでも気にしなかったのですが、アラフォーになるとものすごく気になるようになりました。

寿命が短くなっていることを感じているのか、衰えを感じているからか分かりませんが、気になるようになりました。

 

自分への戒めも込めて、ここに時間泥棒への憎しみ2つの事例を紹介したいと思います。

 

事例1. ファイナンシャルプランナー O

ファイナンシャルプランナーO。この人の時間泥棒っぷりは凄かった。

 

まず、ファイナンシャルプランナーの無料相談ということで、夫婦で申し込んで行きました。

最初は、我が家の家計事情などインタビューを受けながら紙に書いていき、話をしました。

自分がうつ病で住宅を建てるのが難しいことを悩んでいることを伝えたり、あまり人に話したくないことも話しました。

「うつ病でも住宅を建てた人いるんじゃないかな。保険を見つけてきますね。あなたたちの家の今後のプランを作って次回お持ちしますので、また次会いましょう。」

と言われて次回に会う約束をしました。

 

それで、次回の日になりました。

なかなかOは来ず、遅刻してきました。

しかも、今後のプランを持ってきませんでした。

当時は、まぁ、こんなおっちょこちょいな人もいるかな~程度に思ってました。

住宅を建てるための保険も見つけずに、豪ドル年金を勧められましたが、今後のプラン次第かなと言って、次回の約束をしました。

 

それで、また次回の日になりました。

その日は、遅刻せず来ました。

しかし、やはり、今後のプランを持ってこず、住宅を建てるための保険も持って来ませんでした。

それで、また豪ドル年金を勧められました。

ここで、こいつ怪しいなと思い、次回の約束をせずにそれっきりにしました。

 

無料のファイナンシャルプランナー相談は、その1回きり(計3回ですが)だったんで、他のプランナーの人は知りませんが、Oの場合、年金保険勧められたりするだけで、今後のプランなど立てられる人じゃなかったんだろうなと思います。

 

こういう仕事の進め方って、3回くらい会わないと分からないんだと思いましたし、時間をすごい無駄にされて、ものすごく腹が立ちました。

無料ほど高いものは無い。金出して、要望叶える方が良かったです。

そういう提案も無いんで、豪ドル年金を売りつけたかっただけか、仕事が出来ないのどちらか、もしくはどちらもなのか。

 

この経験から、無料相談+商品売りつけのファイナンシャルプランナーには気を付けた方が良いと思いました。

良いプランナーだったら、それでいいんですけどね。

仕事で良いプランナーであることを証明してください。

 

 

事例2. 運送会社S

この会社に時間指定で荷物の集荷を依頼したのですが、ドライバーが約束の時間に来ず、電話をかけたら受付時間外になっており誰も出ずに連絡が取ることが出来ませんでした。

その時、約束を破られたことに気づきました。

次の日、電話したら、運送会社内で、集荷されていないことにも気づいていませんでした。

腹が立ちましたが、受付の人があやまっても、何が原因で発生したミスかも分かっていない状態で仕方無いので、集荷をきちんとするように時間指定をしました。

 

それでもその日の指定した時間に来ず、再度受付へ電話したら今度は繋がったので、いつ来るか確認。

で、ドライバーが到着して、何で昨日来なかったか原因を聴いたら、

「昨日は休んでいたんで担当じゃないため、分からない。」

「じゃあ、クレームを伝えてくれ。」と頼んだら、

「私から言っても何も変わりません。お客様から会社に伝えてください。」と。

「知らんがな。」と心の中で思いながらも、下請けがやっているのも本とか読んで知ってたんで、仕方なく、会社にWebフォーム経由で

「その日に集荷できないのはいいけど、集荷できない連絡だけはしてくれ。」と伝えたけれど、2週間以上何も返信がない状態です。

もう3度怒ったんで、フォローする気もありません。

このWebフォームもクレームを入れるように出来ておらず、この会社、めちゃくちゃ人を舐めとるな~。

電話窓口をもうけてくれよ。

普通の会社は、電話窓口あるよな~。

大昔から約束守らないし、約束守らなかったことにフォローしてこないから嫌いだったけどね。

決定的になったな。

 

ドライバーも頑張っているんで大目に見たらどうか。と声が聞こえてきそうだけど、ドライバーを責めている話ではありません。

ドライバー一人に任せてたら、回らないと思いますよ。

管理者なのか、事務員なのか知りませんが、全業務が完了したことを確認して業務終了したらどうでしょうか。

運送会社Sを久々に使ったんで、通常時を知りませんが、こういうミスが日常茶飯事すぎるんだろうな~。と邪推してしまいます。

 

今回は、送付先の指定業者で着払いだったんだけど、今度から、「違う業者にしてください」と言ってみようかな。

ダメと言われたら、金を出してでも違う業者で送ろうかなと考えてます。

 

 

 まとめ

アラフォーおじさんの時間泥棒すると、これだけ憎まれますので、ご注意ください。

しかし、根本にあるのはどちらも、時間を奪ったことじゃなくて、時間を奪ってからの対応のまずさです。

今後のプランを送ってきたり、会社で今後の対策を考えます。と連絡がきたりといった誠意があれば、私もこんなに怒らずに済んだんじゃないかな。

 

これらのことは、犯罪じゃないどこへもぶつけようのない怒りなのですが、時間泥棒は人からこれだけ恨まれることもあるんだなということを考えて、自分も行動していきたいと思いました。