読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生のヒント

私が経験したことが、誰かの人生のヒントになればと願い書きます。

Fall Out BoyのライブBlu-ray「Boys of Zummer Tour: Live in Chicago」の感想

Fall Out Boy 音楽
スポンサーリンク

f:id:TensorFlow:20161022181712j:plain

 Fall Out BoyのライブBlu-ray「Boys of Zummer Tour: Live in Chicago」が、10月21日(金)にリリースしました。

今回は、このBlu-rayの内容と感想を書きたいと思います。

 

1.Blu-rayの内容

2015年7月11日に行われた地元シカゴでのライブの映像化作品です。

この会場は、ボーカルのパトリック・スタンプさんが初めてライブを見た会場。

雨の中、行われたライブは、それを感じさせない熱気であふれています。

 

収録曲

1. Sugar, We're Goin Down

2. Irresistible

3. The Phoenix

4. A Little Less Sixteen Candles, A Little More "Touch Me"

5. Thriller

6. Alone Together

7. This Ain't A Scene, It's An Arms Race

8. Immortals(Acoustic)

9. Young Volcanoes(Acoustic)

10. Dance, Dance

11. American Beauty / American Psycho

12. Uma Thurman

13. Thnks Fr Th Mmrs

14. I Don't Care

15. Centuries

16. My Songs Know What You Did In The Dark (Light Em Up)

17. Saturday

(ボーナスビデオ)

1. Centuries(ミュージックビデオ)

2. Uma Thurman(ミュージックビデオ)

3. Irresistible(ミュージックビデオ)

 

2.Blu-rayの感想

私が買ったのが、日本語字幕付きだったため、英語が分からない私には、とても良かったです。

英語のリスニングが出来ない人にとっては、とてもありがたいことです。

 

と同時に、英語のリスニングが出来たら、海外バンドのライブをもっと楽しむことできるんだろうな。と思いました。

こうやって、煽ってたんだと、気づかされました。

 

ライブは、スクリーンに映像が流れ、ストーリーが進むように進んでいきます。

日本のバンドでは、ミスチルがよく使っている手法です。

バンドの演奏は、もちろんですが、このスクリーン上の映像も楽しめるものになってます。

 

収録曲は、これまでのベスト的な曲になっていると思います。

これを見てライブに行きたいと思う人増えるだろうな~。という内容になってました。

ベスト的な曲構成なので、初めてFall Out Boyを聴く人も楽しめると思います。

 

また、ボーナスビデオは3曲ともコミカルに作られたPVになってます。

真面目な曲なのに、笑ってしまいます。

特に「Irresistible」は、意味が分からなすぎます。

アメリカンコメディの要素が満載で、笑いに包まれます。

私は好きな笑いです。

 

 

3.まとめ

私がAmazonで買った時は、3,936円で購入しました。

新作のBlu-rayでこの値段なのは、聴いたことが無いので、ちょっと驚きです。

質も良かったんで、買って良かった作品です。

ティザーが出てますが、ティザーより何倍も良かったです。

しばらくは、この Blu-ray見ながら、日本で見たライブを思い出すんだろうな。

 

ザ・ボーイズ・オブ・ザマー・ツアー ライヴ・イン・シカゴ [Blu-ray]