人生のヒント

私が経験したことが、誰かの人生のヒントになればと願い書きます。

NEW ALBUM「AVANTGARDE」が売れて欲しいバンド「lynch.」のおすすめアルバム最初の3枚

スポンサーリンク

http://pc.lynch.jp/wp-content/themes/lynch2013/img/index/main_img_20160708.jpg

lynch.(リンチ)とは、2004年8月結成のロックバンドです。

本人たちは、ビジュアル系やラウドロック系でカテゴライズされることに葛藤していた時期もあるようですが、そんな感じの音楽を演奏するバンドです。

2016年10月14日(金)の「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016」に参戦が決定しているため、ビジュアル系と呼んでも良いかもしれません。

ビジュアル系を毛嫌いしていて先入観から聞かないというのはやめてください。ものすごく歌と演奏が上手く、格好いいバンドですから。

歌詞カードは読まずに音をお楽しみいただくことをおすすめします。

1990年代後半のビジュアル系ブームの頃にビジュアル系にはまっていた方ならはまるんじゃないかと思います。

 

また、本人たちはライブバンドであることを売りにしておりますが、CDの完成度もかなりのものです。

と言っても、インディーズ時代のアルバムを聴いたことが無いにわかな私です。

こんなにわかがおすすめする3枚のアルバムを紹介します。

気に入ったら、「AVANTGARDE」や他のアルバム等を聴いてみてください。

 

1. D.A.R.K. -In the name of evil-

 ブログ執筆時点で最新アルバムです。全曲試聴のYouTubeもあります。

1曲目「INTRODUCTION」はインストゥルメンタルです。バンドサウンドではないですが、壮大な物語の始まりを予感させる1曲。

2曲目「D.A.R.K.」は「INTRODUCTION」から流れでバンドサウンドであるものの壮大な曲になってます。

lynch.の音楽を聴いている時にいつも思うのですが、ドラムの音が高い感じがする(分かりやすい?)のですが、何か特別な機材を使っているのでしょうか。すごい好きです。

3曲目「ANTARES」、4曲目「EVOKE」はこのアルバムの根っこの部分であり、疾走感のある曲が続きます。

5曲目「GHOST」は大人なしっとりした感じのする中でもロックな曲です。

6曲目「ILLUMINATI」に疾走感が戻ってきます。

7曲目「ETERNITY」はビジュアル系っぽいな~と思う1曲。昔聴いていたバンドにこういう感じの曲あったな~と。

8曲目「FALLEN」は、イントロのドラムが好きな1曲。ここだけ聴いても良い。

9曲目「BEAST」は、激しい1曲。デスボイスが目立つ1曲。

10曲目「INVADER」、11曲目「COSMOS」も激しい。ライブで盛り上がるだろうなと予感させる。

12曲目「MELANCHOLIC」は、このアルバムでは珍しい静かな1曲。終わりを感じさせます。

13曲目「MOON」は、このアルバムを締めくくる曲。ポップの定義が難しいところではあるものの、比較的ポップな感じの曲になってます。

 

D.A.R.K. -In the name of evil-(初回限定盤)(DVD付)

D.A.R.K. -In the name of evil-

 

 2. GALLOWS

「D.A.R.K. -In the name of evil-」の1つ前のオリジナルアルバム。

このアルバムは、はまった曲があるので好きです。

 1曲目「INTRODUCTION」はインストゥルメンタルです。バンドサウンドではないですが、壮大な物語の始まりを予感させる1曲。って、「D.A.R.K. -In the name of evil-」でも使いましたけど、違う曲です。

「INTRODUCTION」は、「I BELIEVE IN ME」というアルバムでも違う曲が収められています。

2曲目「GALLOWS」は、アルバムの始まりを予感させる疾走感のある曲で、3曲目「DEVIL」へと繋がっていきます。

3曲目「DEVIL」は、ビジュアル系っぽいな~と思う1曲。ライブで盛り上がるだろうな。

4曲目「GREED」から5曲目「ENVY」は、すごい好きな感じです。

曲を通して好きですが、特に「GREED」のアウトロから「ENVY」のイントロにかけての部分がものすごい好きです。はまります。

6曲目「GUILLOTINE」、7曲目「MERCILESS」は、私にとってアルバム中ではクールダウンの曲。単体で聴くとノリノリになれると思います。

8曲目「OBLIVION」でまた盛り返してきます。ポップな感じがする曲です。

9曲目「BULLET」はイントロのギターが良いです。変調が楽しめます。

10曲目「MAD」はタイトル通りどこか「MAD」。

11曲目「TOMORROW」はポップな感じがする曲で、懐かしい感じがする曲。

12曲目「RING」はバラードで、何故かFANATIC◇CRISISの「哀しい色をした窓硝子」を思い出しました。

13曲目「PHOENIX」は疾走感のある曲で、このアルバムを締めます。ビジュアル系っぽいな~と思う1曲で好きな1曲。

GALLOWS

 

3. 10th ANNIVERSARY 2004-2014 THE BEST

結成10周年記念ベストアルバムです。おすすめの3枚目に上げるのであれば、このアルバムです。2枚組ですが。

他の2枚が凄すぎて、比べると劣ると思ってます。

「GALLOWS」と「D.A.R.K. -In the name of evil-」の間に発売されたため、「GALLOWS」に収録されている曲も一部収録されています。

[Disc1]

1曲目「ADORE」は、ビジュアル系のシングルA面曲っぽい曲。聴きやすい曲だと思います。

2曲目「I BELIEVE IN ME」は、変調する箇所のドラムが好きです。

3曲目「liberation chord」、14曲目「LIGHTNING」、15曲目「from the end」は、疾走感のあるポップな感じの曲で聴きやすい曲。好きです。

16曲目~18曲目はLive音源。演奏力の高さ、歌のうまさが伝わります。

煽りも面白く、ライブに行きたくなりますね。

 

[Disc2]

1曲目「LAST NITE」はピアノが効果的に聞こえる曲。恰好いい。

3曲目「NIGHT」は、ポップな感じの曲。サビが良いです。

6曲目「NEW PSYCHO PARALYZE」は、変わった曲ではまります。

7曲目「LIE」は、王道っぽい歌。これを好きな人多いだろうな。私も好きです。

8曲目「BALLAD」は綺麗な曲。だけど、バラードでは無いだろうと個人的な意見。

16曲目「A GLEAM IN EYE」はビジュアル系っぽい曲。歌い方いいね。

17曲目~18曲目はLive音源。やっぱ、煽り良いな~。

10th ANNIVERSARY 2004-2014 THE BEST

10th ANNIVERSARY 2004-2014 THE BEST(初回限定盤)(メーカー多売特典なし)

10th ANNIVERSARY 2004-2014 THE BEST(初回限定盤) (多売特典付き)

 まとめ

今回は、「lynch.」のおすすめアルバム3枚を紹介しました。

昔からのファンの人からしたら物足りないよという内容だったかもしれませんが、にわかがおすすめする初心者の方向けアルバムとしてはちょうど良いチョイスだったのではないでしょうか。

2016年9月14日には、新アルバム「AVANTGARDE」が発売されます。

今のところ、「F.A.K.E.」という曲しか聞いたことがありません。ライブで盛り上がるだろう曲だな。という感想です。

2016年8月30日発売の「ROCKIN'ON JAPAN10月号」に「AVANTGARDE」のインタビュー記事が載っており、そこには「やりたいことを詰め込んだ初期衝動みたいな作品」と語られてました。

「GALLOWS」、「D.A.R.K. -In the name of evil-」の後のアルバムということで、かなり期待しています。

 

 また、インタビュー記事には目標は「日本武道館ライブ」と書かれていました。

土曜日なら嫁と行けると思うので、土曜日にやって欲しいとささやかに希望を書いておきます。

今回のアルバムが売れたら、きっと「日本武道館ライブ」もできますよね。

だから、今回のアルバムは絶対売れて欲しいです。そう願いながら発売日を待ちます。