人生のヒント

私が経験したことが、誰かの人生のヒントになればと願い書きます。

笑いたくなった時に見るもの5つ

スポンサーリンク

心が疲れてうまく笑えない時ってありますよね。

誰かと話したり、誰かと遊んだりして笑えるようになることも一つの手ですが、誰とも予定が合わないこともあります。

私が一人きりの時に笑いたくなった時に見るものを紹介します。

これらを見た後、なんとなく気が楽になる気がします。

 

1.吉本新喜劇

吉本新喜劇DVD -い゛い゛~! カーッ! おもしろくてすいません! いーいーよぉ~! アメちゃんあげるわよ! 以上、あらっした! -[DVD-BOX](DVD5枚組 特典DVD1枚付)

吉本新喜劇は、1959年「吉本ヴァラエティ」として誕生をして名前を変えて続いている伝統的な劇場で行われる喜劇です。

地域によりますが毎週土曜日のお昼にテレビ放送されています。

私は何度か劇場に足を運んだこともありますが、いつも楽しかった思い出があります。

テレビで見るのも手軽ですし、笑えます。

 

何回も見ているとパターンを覚えて、各座員のギャグを覚えたり、最後のオチも読めてくるんですが、それがまた好きです。

 

ここで紹介しているDVD-BOXは、2016年7月27日に発売されました。

最近活躍されている5座長(内場勝則、辻本茂雄、小籔千豊、川畑泰史、すっちー)がそれぞれ2公演を選んだ内容が収録されています。

私も欲しいのですが、お金が無いので買ってません。(買ってないのか!!)

 

たくさんの公演を見ていくとそれぞれの座長の特徴とか良さが分かって面白いと思います。

DVD-BOXを買えない人は、テレビ放送などを録画して是非見てみてください。

関西のコテコテのお笑いを見たい人におすすめです。

 

 

2.ザ・シンプソンズ

ザ・シンプソンズ シーズン13 DVDコレクターズBOX

アメリカのコメディアニメです。

社会風刺がされたりするので、そういう笑いが好きじゃない人にはきついかもしれませんが、キャラの濃い家族が繰り広げる数々のコメディ。

 このDVD-BOXでは、日本語吹き替えと英語が聞けるのですが、主人公ホーマー・シンプソンの声はどちらも似ていて笑えます。

声優の大平透さんがホーマー・シンプソン役だったんですが、今年お亡くなりになりました。非常に残念です。

大平透さんがホーマー・シンプソン役だから見ていた人も多いと思います。

ブラックユーモアを見たい人におすすめです。

 

 

 3.スポンジ・ボブ

スポンジ・ボブ シーズン4 コンプリートBOX [DVD]

最近は、NHKでアニメが放送されているスポンジ・ボブ。

これもアメリカのアニメです。

このアニメは、海の中で繰り広げられるおバカコメディです。

社会風刺等は無いので、お子様にも見せられる内容となっています。

※ハンバーガーショップで繰り広げられ油などの汚いものが映ったりすることはあります。

 

このDVD-BOXは、38エピソード入って2,333円(2016/8/24現在)で購入できます。

めちゃくちゃ安いですね。

 

DVD-BOXはシーズン1~4まで出ています。

主役のスポンジ・ボブの日本語声優さんはシーズン1~3とシーズン4以降で変わっています。

個人的にはシーズン4以降の声優さんが好きなので、DVD-BOXシーズン4から見られることをおすすめします。

おバカコメディが好きな人にはおすすめです。

 

 

4.ピクセル

ピクセル [SPE BEST] [DVD]

劇場で腹抱えて笑っていました。この映画は、おっさんホイホイです。

これもアメリカ映画でどんだけアメリカ好きやねんという話ですが、面白いものは面白い。

題材は、ゲームで日本のゲームもたくさん出てくるのでおっさん世代は親近感が沸くかもしれません。

 

宇宙人がゲームキャラクターとなって地球に侵略してくるのですが、ゲームキャラクターを映画に出てくるおっさんたちが真剣に倒そうと頑張っている姿がまた面白いです。

こういうバカな話、好きだな~。

たまに、こんな話を見て笑うのもリフレッシュするには良いと思います。

 

 

5.我々は有吉を訴える

我々は有吉を訴える ~謎のヒッチハイク全記録~ [DVD]

「我々は有吉を訴える」はシリーズで3作出されているのですが、その中で私が一番笑ったのが一作目です。

このDVDの主役である有吉弘行さんは、猿岩石というお笑いコンビを組んでいて電波少年という番組でユーラシア大陸をヒッチハイクで横断したというエピソードを持つ人。

猿岩石を解散してピン芸人となり、東北をヒッチハイクすることになり、その記録がこのDVDにつまっています。

 

有吉さんが田舎の人を騙し、スタッフを罵り、はちゃめちゃな内容になっています。(犯罪ではありませんのであしからず。)

これを笑いと取るかは、人によると思いますが、私はめちゃくちゃ笑いました。

有吉さんの毒舌が好きな人にはたまらない一作です。

 

現状の有吉さんの仕事っぷりを考えると、難しいでしょうが、このシリーズまた出して欲しいです。

 

 

まとめ

とりあえず、私が笑いたくなった時に見るもの5つを紹介しました。

こてこての笑いだったり、ブラックユーモアだったり色々ありますが、お笑いって心に栄養を与えてくれます。

心が疲れた時は、無理やり笑ってみるのも一つの手段かなと思い、紹介させていただきました。