人生のヒント

私が経験したことが、誰かの人生のヒントになればと願い書きます。

お金を管理するためのお勧めの方法

スポンサーリンク

f:id:hinthint:20160812170241j:plain

私は、サラリーマンで毎月、決まった額の給与が振り込まれています。

ただ、お金の管理が苦手で、借金があった時期がありました。

当時、同棲していた彼女(現嫁)と結婚を考えていた時期でしたが、結婚式を挙げるための資金がありませんでした。

しかし、借金を返して、無事結婚式を挙げることが出来ました。

お金を管理することを始めてからお金が貯まりました。

今回は、私がお金を管理するためのお勧めの方法を紹介します。

誰か困っている人のヒントになれば良いと思います。

 

1.私の借金

当時の私は、お金の管理自体できておらず、自分がどれだけ借金しているか、どれだけ給料があったか把握できていませんでした。

自分の状態を把握できていないことは、怖いことです。

目隠しで細い一本橋を歩いているのと変わりません。

 

漠然と借金がある状態は、精神的に暗くなってしまいます。

借金がいくらあるのか知ることは、借金をどのように返していくか計画を立てることが出来ます。

 

当時私がしていた借金は、クレジットカードのリボ払い86万円と、自動車ローン96万円でした。合計182万円ありました。

更に、結婚式費用160万円を貯める必要がありました。

 

借金は、一括で返済する必要はありませんが、結婚式費用を貯めながら返済する必要がありました。

 

返し終わった今思うのは、借金を返済していくということは、足枷になるということです。

 

クレジットカードで借金する場合、一括払いでは金利がかからずに、支払った分のクレジットカード会社のポイントがもらえるので良いのですが、リボ払いになると、ポイントも借りたお金の分しかもらえず、金利分はもらえません。

それに、ものすごく高い金利がかかります。

 

お金を借りたお礼に金利を支払うのは当然の義務ですが、リボ払いは金利が高すぎるのでお勧めしません。

借りなくて良いなら借りない。一括で支払える範囲で借りることを心がけると良いでしょう。

現在、リボ払いがある人は、積極的に返済をして借金減らしていきましょう。(リボ払い以上に高い金利の借金を抱えている場合は、そちらの借金返済を優先しましょう。)

リボ払いは、借りている期間分、金利がかかるので、借りている期間が短いほど支払いが少なくなります。

 

 

2.家計簿をつけるより見込みキャッシュフローを把握する

お金を管理するために、家計簿をつけて管理している人もいますが、私は見込みのお金の流れを把握できた方が良いと考えているので、下表のようなエクセルを作って管理しています。

 日にち 残高 支出 収入 内容
現在の日にちを書く 現在の残高を書く(※A)      
残高に変動がある日にちを書く 1個上のセルの残高(※A)-同じ行の支出列のセル+同じ行の収入列のセル  出ていくお金があれば書く 入ってくるお金があれば書く どういうことで残高に変動があるか書く

 

 私は、残高にはメインバンクの残高を書いてます。

これは、銀行で管理する人もいれば、タンス預金で管理する人もいると思いますが、基本的には変わらないと思ってます。

 

重要なのは、現在の変動のみではなく、今後発生するであろう見込みの支出や収入を今後一年分くらい書くことです。

これを私は、見込みキャッシュフローと呼んでます。

およその給料日や、家賃振り込み日、光熱費支払い日、クレジットカード支払日等スケジュールは決まっているはずです。

そして、およその給料や、家賃、光熱費の金額は分かっていると思うので、金額も書き込めると思います。

見込み通りじゃないこともあると思いますので、確定した金額を書き込み、表を更新していきます。

 

こんな感じで書き込んでいきます。

 日にち 残高 引き落とし 振り込み 内容
2016年8月13日 300,000     8/13時点の残高
2016年8月15日 290,000  10,000   電気代
2016年8月17日 280,000  10,000   ガス代
2016年8月19日 480,000   200,000 給料

 

こうして見込みキャッシュフローを管理することのメリットは、その時点で使うことの出来るお金を把握することが出来ることです。

そして、将来的にマイナスが発生するのであれば、そのお金は使っていけないということが分かるようになります。

 

借金返済中の人で、余裕が見えているお金があれば、優先的に借金の一括返済にあてましょう。

一気に返済する必要はありません。10,000円ずつでも良いと思います。

繰り上げ返済することで、当初予定していた金利を全て支払う必要がなくなります。

繰り上げ返済の手続き等は、借金をしている機関に確認しておきましょう。

 

 

私は、こうやって見込みのお金の流れを管理することによって、結婚資金を貯めて結婚式を挙げました。

そして、少しずつ余裕が出たお金で繰り上げ返済することによって、借金を完済できました。

 

もし、貯金が無く結婚式を挙げることが出来ない人や、借金を返せないという人がいましたら、見込みキャッシュフローを把握することをお勧めします。

およその結婚式の日にちや、借金完済日の目途を立てられると思います。

ご祝儀をあてにしたり、ギャンブルをあてにしたりするのは不確定要素が多すぎるのでお勧めできません。インターネットを見ていると悲惨な書き込みを見かけます。

 

私自身の経験では、結婚式の資金を貯めるのに1年、借金完済まで2年かかりました。

計画を立てていると気が遠くなり、気分が暗くなりますが、実行してみた実感は、あっという間です。

焦らず進めていけば、ある日、借金が減ってきたり、貯金が増えてくることによって気分が明るくなってきます。

 

3.見込みキャッシュフローを把握することで見えてくること

見込みキャッシュフローを把握することで、無駄が見えてきます。

私の場合、顕著に見えたのは携帯電話料金と自動車保険料です。

 

携帯電話料金

携帯電話料金は、私はあまり電話とか使わないのにもかかわらず、月8,000円とか支払っていました。

これは、スマホを利用してバンバンインターネットを使っていたのが原因と思います。

家には、Wifiがあるので、スマホでインターネットするなら、家で使おうということでスマホは解約しました。

携帯電話のキャリアと解約しても、機種代は支払ったので、機械は自分のものになります。

現在は、MVNOで格安スマホとかありますが、メールアドレスを変えて欲しくないという嫁の謎要望があり、ガラケーに機種を変えました。

 

ガラケーにすると、インターネットを使わなくなりました。

以前ガラケーを使っていてスマホをお使いの人は、分かると思いますが、スマホでインターネットにつなぐと快適です。

ガラケーは必要最低限の情報しか見えないので、ほとんど使いません。

対応していないサイトが多いですしね。

 

電話をほとんど使わず、ネットも使わないので月々1,300円くらいに抑えられるようになりました。

本当に必要な時だけ、電話を使うようになります。

 

自動車保険料

自動車保険は、内容を見直した後、月々払うことと年単位で払うことを比較しました。

月々払う仕組みとしては、クレジットカードの分割払いなので、分割金利がかかってしまいます。

年単位で支払うことで、金利がかからずに済むので、月々払うことに比べお得になります。

現在、分割で支払っている人は、年単位で払うお金を捻出していく計画を立てて、次回契約時に年単位契約に変更すると良いでしょう。

事故を起こさなければ、現在より更にお得になります。

 

その他

私は、他の記事で言っているようにうつ病患者です。

うつ病患者は、健康保険・生命保険に入ることが出来ません。告知義務があり、ほとんど却下されると聞いてます。

私も何度か申し込みましたが、全て却下されています。

 

病気を持っていない人は、持っていないうちに、良いと思う保険に入っておくのが良いと思います。

こういう制限にひっかかることが悲しく思ってます。病気にかかってからはどうしようも無いのです。

保険に入らないことで、自分の人生の選択肢を狭めたな~。と思ってます。

例えば、住宅ローンの借り入れ時に保険に入る必要があるものがありますが、この保険に入れないことで、マイホーム建築をほとんど諦めています。

諦めきれないのが、なんとも悲しいです。たまに建築関係のCMを見ると胸が苦しくなります。

 

なので、こういう経験をしないように、健康なうちに出来ることをした方が良いと思います。

いつまでも健康な身体があるとは限りませんので。

 

4.まとめ

・見込みキャッシュフローを書いて、これからのお金の見込みについて把握する。

・借金をしているなら、見込みキャッシュフローを見ながら、繰り上げ返済を考えてみる。

・無駄が見つかれば、契約を変えたり、解除したりする。

・健康なら、入る保険を検討してみる。